KZOOラジオのストリーミングKZOOラジオのストリーミング
Slider

Local News 05/15/20 ホノルル市長が自宅待機延長・規制緩和を発表

ホノルル市のカーク・コードウェル市長は、14日の会見で、新型コロナウイルスの感染者の増加を防ぐため、オアフ島内で推奨している自宅待機について、6月30日まで延長すると発表しました。その上で、一般の企業活動などについては、優先分野を選び段階的に緩和していく姿勢を示しました。

オアフ島では、15日からマスクの着用や人と人との距離を保つことなどを条件に、ショッピングモールや小売店の営業が認められています。屋外でのスポーツは、人と人との距離が6フィート(約2m)以上を保つことができる1対1で行うテニスやヨガ等や、車に乗ったままで行うドライブイン形式の礼拝、法廷での裁判が可能になりまました。

その他コードウェル市長は、オアフ島内のビーチを開放し、家族だけの日光浴の許可申請をハワイ州当局に提出したということです。また、オアフ島内の店内飲食について、早ければ6月5日にも、テイクアウト以外の営業も再開させたいとしています。

ホノルル市当局は、今後の経済活動の再開についてStay-at-Home / Work-at-Homeと言う言い方を改め「Restore Honolulu 2.0 」と名づけ段階的に進めていくとしています。